メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する
- Radio Show Must Go On!浜田省吾さんの話題を書き続けていくブログ

スポンサーリンク

浜田省吾 ファンクラブ会員限定イベント 100% FAN FUN FAN 2020 開催決定

2020/05/13  09:44
0


こんにちは。
省吾のニュースです。

昨日2020年5月12日 火曜日の正午過ぎのことです。
浜田省吾ファンクラブ ロードアンドスカイからのメールマガジンが届きました。
2020年秋から冬にかけて、ファンクラブ会員限定イベント「100% FAN FUN FAN 2020   Journey of a Songwriter since 1975 Welcome back to The 80's Part-2 DOWN BY THE MAINSTREET」の開催が決定!
80年代後半にリリースされた『DOWN BY THE MAINSTREET』、『J.BOY』、『FATHER'S SON』の3枚のオリジナルアルバムより選曲構成したコンサート形式のイベントです。

2020年の秋から冬にかけてファンクラブ会員限定イベント開催のお知らせでした。
ファンクラブ会員限定イベント「100% FAN FUN FAN 2020 Journey of a Songwriter since 1975 Welcome back to The 80's Part-1 終りなき疾走~ALL FOR RUN」が2020年1月に終了。

Part-2は、いつからだろう。2020年に開催できるのだろうか。
そんなことを考えた方は多かったと思います。

実際、新型コロナは終息しておらず、本当に無事開催できるのか。それは、誰にもわかりません。

ですが、この100% FAN FUN FAN 2020 Journey of a Songwriter since 1975 Welcome back to The 80's Part-2 DOWN BY THE MAINSTREET」開催のニュースは、省吾ファンが待ち望んでいたものであり、みんさん大変うれしかっただろうと思います。

ロードアンドスカイからのメールには、
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにイベント等の自粛を継続している中、本来であれば事態が収束し、皆様がご安心いただける環境になってからご案内をすべきところで
はございますが、申込みから抽選結果までご迷惑をおかけしない日程でご案内するため、このタイミングでまずは、開催決定のお知らせをさせていただくことといたしました。今
後の状況により、変更および中止の可能性もございます。あらかじめご了承ください。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
とも記載されていました。

過去3年間の100% FAN FUN FANのスケジュールは、
・100% FAN FUN FAN 2017(2017/9/24~2018/1/17)ファンクラブ会員限定イベントライブ全19公演

・100% FAN FUN FAN 2018(2018/9/29~2019/1/17)ファンクラブ会員限定イベントライブ+チャリティライブ全21公演

・100% FAN FUN FAN 2019(2019/9/14~2020/1/23)ファンクラブ会員限定イベントライブ+チャリティライブ全25公演

でした。
おそらく、同様のスケジュールになるのではないかと思います。

2020年9月開催に向けて、準備が進んでいることは間違いないと言っていいかと。

セットリストはもちろんですが、2020年秋スタートのファンクラブコンサートのテーマ Welcome back to The 80's Part-2 DOWN BY THE MAINSTREETと連動したメモリアルシングルの選曲も興味深いです。

今回は80年代後半に発表された楽曲の中からとなりますが、浜田省吾さんからのメッセージが込められているに違いない。そんなことを一人考えています。




Welcome back to The 70's Journey of a Songwriter since 1975 君が人生の時~Time of Your Life」で、浜田省吾さんは このように語りました。
「もし、ジョン・レノンとジョージ・ハリスンが生きていて、ビートルズが再結成されて『IN MY LIFE』を聞くことが出来たら。カレン・カーペンターが生きてて『CLOSE TO YOU』や『YESTERDAY ONCE MORE』を聞けたら、ツエッペリンのジョン・ボーナムが元気で、生で『GOODTIMES BADTIMES』をみることが出来たらどんなに素晴らしいだろう。でも、彼らはもういない。しかし、俺はまだ生きてる」

俺はまだ生きてる
生きている限り、浜田省吾さんの旅は続くのです。

コメント

コメントの投稿