スポンサーリンク

浜田省吾さんはどう思っただろう 全英アルバム・チャート『アビイ・ロード』が50年ぶり1位

夏みかん

今週のUKアルバム・チャートは、50周年を記念しリイッシューされたザ・ビートルズの『Abbey Road』がトップに輝いた。同作が英国で1位を獲得するのは1970年1月31日付のチャート以来49年と252日ぶり、18週目となった。

BARKS

ザ・ビートルズの『Abbey Road』が今週のUKアルバム・チャートで50年ぶりに1位。

このニュースを知った時、「まさか」というよりも「すごいな」ということでした。

そして。浜田省吾さんは、このニュースを知った時、どう思っただろうな。ということが気になってしまったのでした。

もし、ジョンが生きてて、 
ジョージが生きてて、 
ビートルズが再結成されて 
「In My Life」とか聴けたらいいなぁと思ったんです。

これは、浜田省吾さんが語った言葉です。
こんなことを考える浜田省吾さんが、どんなことを考えたのか。
気になりますよね。


浜田省吾さんが、J.BOY 30th Anniversary Boxを発売したのは 2016年11月9日。
J-BOY-30thサイト


浜田省吾さんが1位を獲得したのは、1986年9月4日に発売された2枚組アルバム『J.BOY』。ソロデビュー10年目にして初のオリコン・アルバムチャート第1位(4週連続)でした。

50年ぶりに1位になるとしたら、2036年。17年後です...。

17年後、わたしの年齢は。浜田省吾さんの年齢は、83才?

もしかしたら、浜田省吾さんが まだ現役のうちに1位になるかも知れません。これって、すごいことですよね!?ものすごいことですよね!?快挙ですよね!?

可能性あるんじゃないですか。大いにある。そう思います。よね?


JBOY.jpg

JBOY_B.jpg

今日は、見果てぬ夢ではない、達成できるであろう事実を確認できたような気がします。
Posted by夏みかん
浜田省吾

スポンサーリンク


関連コンテンツ

Comments 0

There are no comments yet.