スポンサーリンク

ショーは続けていかなければならない、そうだろう?

夏みかん

踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々
そう唄われる徳島の阿波踊り。

わたしは、見ることも 踊ることも出来ない。
いや、出来なくなっていたのかな。
そう感じています。

まだ若かった頃は勢いで何でも出来たし、
それを咎める人も多くなくて、
なぁなぁで許されていた時代でした。

しかし。
時代は2019年。

SNSが発達し、
ほんのちょっとの、ささいなことでさえ、
名乗らない人々が攻撃するようになり。
おそろしくなっていたのかも知れません。

インターネットでは、インスタ映えという言葉に見られるように画像が重要とされ、人々に読まれるような記事を書きなさい。

きちんとわかりやすい文章で見出しをつけなさい。

そうしなければ見向きもされないよ。そんなことが書かれていました。

たくさんの人に読んでもらいたいし、喜んでもらいたい。
そんな一心で、セットリストを探して掲載したこともあります。

だけど。
今は、そんな時代じゃないんですよね。

ブログに書くのは時代遅れ。
スピード感のあるSNSで調べる時代。

だったら、自分には何が出来るのか。
自分は、何がしたいのか。
それすらも、わからなくなってしまったのでした。

ただひとつ、わかっていたこと。
それは、書かなければ始まらない。
書き続けることが重要ということでした。

SHOW MUST GO ON
THE SHOGO MUST GO ON
だと。


わたしは、ある日から ある人のブログを毎朝読むことが日課になっています。
浜田省吾さんのこと、音楽のこと、思っていること。
浜田省吾さんの熱狂的なファンであろうと思われる方です。

その人のブログは、それほど長文ではありません。
むしろ短いです。
画像もほぼ皆無。

だけれど、ほぼ毎日更新されていて、気が利いているというか、タイムリーな話題なんですよね。

毎日更新していてすごいなと思うばかり。
今朝、その人のブログを読んでいて思ったんですよね。
どんなに短くてもいいから、書くことをはじめなきゃと。

画像なくたっていいじゃん。
見出しなくなっていいじゃん。
昔ながらの、文章だけのオールドスタイル。
それでいいんじゃないかって。

ここいらでひとつ踊ってみよう。
愛されたいならそう言おう。
思っているだけじゃ伝わらない。

まるで俺たち傷だらけの4回戦ボーイみたいに
打ちのめされてきたけど まだ倒れちゃいないと。


ワケあって恋も仕事もSNSも全部捨ててみた
というわけではありませんが。
お暇をいただいておりました。

今日で、お暇終了!
Paravi(パラビ)の30日間無料体験に登録して、
凪のお暇 ディレクターズカット版見てやるぞと。
いや、違う...

空気は読むものではなく、吸って吐くものだ。
わたしもリセットして、新しい自分になるぞ。
そう自分に言い聞かせて。
ようやく一歩踏みだすことが出来ました。


まずは、「The J.S. Inspirations」
Ds: 小田原豊
Bs: 美久月千晴
Pf: 河内 肇
Key: 福田裕彦
Gt: 長田 進
Gt&Vo: 町支寛二
Sax: 古村敏比古
Tb: 清岡太郎
Tp: 佐々木史郎
Vo: 竹内宏美
Vo: 中嶋ユキノ
のメンバーのつぶやきを紹介しつつ。
という感じです。

そのうち、もうちょっとましな、読み応えのあることを書けたらいいなとは思いますが。


そういえば...。
今日、すごい久しぶりに「さにー」さんのHPに足を運びました。

現在のサーバーは2019年10月末に閉鎖されます。
新しいサーバーのURLにお気に入り・ブックマーク変更をお願いします。
とのことでした。

時間が経過しても色褪せないものがある。
そう思わせてくれるサイトです。
お時間があったら、足を運んでみてはいかがでしょうか。

あ。
わたしは、関係者ではありません。
もちろん、金品もいただいておりません。
ただ浜田省吾さんが好きなだけ。ですw


Posted by夏みかん

スポンサーリンク


関連コンテンツ

Comments 0

There are no comments yet.