メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

スポンサーリンク

浜田さんでもお馴染みの面々

2019/04/20  21:05
0
昨日、田家秀樹さんのブログが更新されていました。

読んでいくと、浜田さんの名前が...。
陽水さんのミュージシャンは、浜田さんでもお馴染みの面々だと。
たしかに、ベースの美久月千晴さん、ギターの長田進さん。
浜田さんのバンドメンバーではありますが。
音楽監督、星勝さん
これは、初めて知りました。
そ、そうだったんですねと。

わたしが、まったく知らなかった。
というだけなのかも知れませんが。

田家秀樹さんは、浜田さんでもお馴染みの面々だと書かれていますが、
元々は音楽監督である星勝さんがプロデュースしているミュージシャンとして
ベースの美久月千晴さん、ギターの長田進さんがいて。

ある年から、浜田さんのバックバンドのメンバーとして
ベースの美久月千晴さん、ギターの長田進さんが参加した。
ということなんですよね。

ベースの美久月千晴さん、ギターの長田進さんは、
浜田さんのバックバンドのメンバーとなる前から
陽水さんのミュージシャンでしたから。(と思います)

この年になって、ようやく気付いた。
そして、なんか、ちょっと違和感というか。
田家さんの書き方が引っ掛かったのです。

深い意味はなくて、ただ単に浜田さんの目線というか、
浜田さんのバックバンドのミュージシャンがいましたよと。
そんな感じなのでしょうが。

星勝さんのWikipediaを見てみると、
主な作曲作品として、井上陽水「海へ来なさい」「あかずの踏切り」が紹介されていました。
主なプロデュースアルバムとしても、陽水さんのアルバムが多数。
星勝さんと陽水さんは、浜田さんよりも繋がりが太いような...。

うーん。
たしかに、音楽プロデューサーは、専属ではなく多数のアーティストを手掛けているのは当たり前なんですけどね。
その中に、浜田省吾さんと井上陽水さんがいたと。

それを今頃知って、星勝さんてすごい人なんだ。
そんなことを感じているわたしは間抜けです...。

それにしても、星勝さん。
編曲されている作品が多数あるのですが、
あんな曲も、こんな曲もと、ヒット曲多数。

薬師丸ひろ子さんの「セーラー服と機関銃」も。
あぁ。なんてことだ。

いや。遅過ぎるということはない。
ずっと知らなかったよりはマシ。
そうポジティブに考えることにしようっと。

コメント

コメントの投稿