スポンサードリンク

Miss.moonlight

Miss.moonlight

ロックの殿堂は、アメリカのオハイオ州にあることも

知らなかったわたしですが、この記事を読んで すごいなぁと。

 

news.tbs.co.jp

世界的な人気を誇るロックミュージシャンの衣装や楽器が展示されていることで有名なアメリカ・オハイオ州の「ロックの殿堂」博物館が、東京に進出することがわかりました。
 オハイオ州・クリーブランドにある「ロックの殿堂」博物館にはローリング・ストーンズやジミ・ヘンドリックスをはじめ、数々のロックミュージシャンの衣装や楽器が展示されていて、1995年の開館以来、ファンからは「ロックの聖地」として知られています。

 

「ロックの殿堂」博物館は今年9月に東京で短期間の展覧会を開いたのち、将来的に2400万ドルを費やして東京都内に永続的な博物館を開館するとしています。この建物の中には数千人を収容できるライブスペースも設けられ、ロックコンサートにも使用できるということです。 *1

 

今までアメリカに行かなければ見れなかったものが日本で見ることができる。

なんとすばらしいことなんでしょう。

世界的なロックミュージシャンの衣装や楽器。

生で この目で見ることができるとしたら ぜひ行きたい。

そう思う人は、日本全国にたくさんいますよね。

 

しかも。将来的には、

「ロックの殿堂」の中に数千人を収容できるライブスペースも設けられ、

ロックコンサートにも使用できるとのこと。

すごいです。

ありがたいです。

まさに「ロックの聖地」と呼ぶにふさわしい施設になりますね。

 

まずは、9月に東京で短期間の展覧会を開くとのことですので、

続報があり次第、お知らせしたいと思います。

 

このようなものを見ることができる機会は、そうそうないです。

すごい貴重。。。

 

 確かに。。。

外国の方は、WHY?って思うのもうなずける。

 

佐藤竹善さんが。

 

 マック赤坂さんも。

 

とにもかくにも、

ロックンロールを愛する人にとって夢のようなことが実現し、

世界のロックスター、

日本のロックスターが、

ロックの聖地でライブをする。

本当に 本当に待ち遠しいです。

 

ロックンロールの殿堂

ロックンロールの殿堂

  • アーティスト: オムニバス,バディ・ホリー,チャック・ベリー,ザ・ウォーカー・ブラザーズ,ジョニー・シンバル,トミー・ロウ,ビッグ・ボッパー,デイル・ホーキンズ,ジョニー・バーネット&ザ・ロックンロール・トリオ,タブ・ハンター,ジョージィ・フェイム&ザ・ブルー・フレイムス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2007/02/21
  • メディア: CD
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

*1:“ロックの殿堂”博物館が東京進出へ TBS NEWS


関連記事

スポンサードリンク


関連コンテンツ

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply