スポンサードリンク

斉藤和義

斉藤和義さん アルバムオリコンデイリーチャート1位に

0

 

 

 渋い一言コメントw

 

 この一言。

知らない人でも、

「おぉ」と思われる方も多いハズ。

アメ車でぶっ飛ばしているのです。

キャディラックではないようですが。

 

グルーヴ(groove)とは音楽用語のひとつ。形容詞はグルーヴィー(groovy)。ある種の高揚感を指す言葉であるが、具体的な定義は決まっていない。語源はレコード盤の針溝を指す言葉で、波、うねりの感じからジャズ、レゲエ、ソウルなどブラックミュージックの音楽・演奏を表現する言葉に転じた言葉である。現在は、素晴らしい演奏を表す言葉の1つとして、ポピュラー音楽全般で用いられる。

 

グルーヴ - Wikipedia

 

そう。

うねり。

パワー。

斉藤和義とチャーリー・ドレイトン。

この二人がプレイをしている曲を聞くと、

ただただ心地いい んです。

 

昨日の記事で書いているのですが、

斉藤和義さんがチャーリー・ドレイトンと一緒に演りたい

ということから、スケジュール調整をして

ロサンゼルスでレコーディングを行った作品。

それが、「風の果てまで」です。

 

わたし自身、ほどほどに音楽は聞いている方だと思っていますが、

ギターは誰で

ベースは誰が

キーボードは誰がいい

とか考えたことはなかったですね。

斉藤和義のギターとチャーリー・ドレイトンのドラム。

その相性は最高です。


 


 

このライブには参加できませんでしたが、お気に入りです。

豊夢くんは好きですよ。

でも、聞き比べてみると違いがわかるし、

それぞれの特徴があったり

それぞれの好みがあったりするわけです。

チャーリー・ドレイトンがドラムの時は、

ドラムが すごくフィーチャーされてるなと感じるのですが、

それが本当に心地いいんです。

 

そんな、

斉藤和義さんのニューアルバム「風の果てまで」が

オリコンデイリーチャート1位を獲得したというニュース。

うれしかったです。

 

人気あっても

ネームバリューあっても

同じ発売日にアイドルグループが発売したら

絶対1位にはなれませんからね。

おめでとうございます。

 

今日は、こちらでプロモーション。

 がんがん攻めている斉藤和義さんなのでした。

関連記事
斉藤和義風の果てまでチャーリー・ドレイトン

スポンサードリンク


関連コンテンツ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply